教育実習のときに負担するもの

教員免許を取るために学習した学生たちにとって、避けて通ることができないのが教育実習です。実際にスタートする前に、打ち合わせがありますが、そのときに担当するのはどこになるのか指示があります。教科書のコピーであったり貸与であったり、対応は学校によって異なるでしょう。ただし、共通しているのは、自己負担しなくてはならないものがあることです。たとえば着用するもの。スーツやジャージなどは自分で用意することになります。また、筆記用具など自分が使うものは自分で準備します。黒板に貼る表などを作るのなら、まずは指導教官に相談してみましょう。必要なカラーのペンを貸してくれるか、紙を用意してくれるなど、こちらもそれぞれです。なんでも用意してもらえるわけではないので、教育実習生である自覚を持って臨みましょう。

教育実習は自分のための経験に

教育実習は教員免許を取得する中で一番の難関です。学生が教員となって児童や生徒を教えるのですから、その実施には大変なものです。特に現場の教員には大きな負担になりますし、実際に授業を受ける児童や生徒はどれほど授業展開を理解をしているかわかりません。でもこの経験は代えがたいものがあります。教育実習で中心となるのは教えるための指導案を丁寧に作成することです。教えることは柔軟な発想でいろいろなアプローチを考えながら授業展開をすることです。黒板の板書をするだけでなく紙を黒板に貼って視覚的なもの訴える方法など自分の個性や知識を出しながら失敗を恐れずすることです。終わったとは必ず反省し次に生かすことです。児童や生徒は物事に感じることができますから。

↑PAGE TOP